ハローワークはブラック企業のおかしな求人が多いって本当?40代の転職に失敗しないために

転職活動中の私です。
インターネットで「ハローワークの求人はブラックばかり」という記事を見かけました。
本当にそうなんでしょうか?


最初から雇用するつもりがないのに求人が出ている?

例えば「雇用するつもりがないのに求人を出す会社がある」という話。
 
ハローワークに求人を出すのは、基本的には誰でも無料で出すことができます。
実際は経営が悪化していたとしても、ハローワークに求人が出ていれば「この会社は儲かっているな」というのを対外的にアピールできるから出すとか出さないとか。
もし本当に応募してくる人がいたら適当に断る、のだそうです。
 
他にも、経営者の若い息子が人事を担当していて「人を見る目を養うために面接の練習をさせる」とか・・・
その場合は人がたくさん集まるように好条件にするらしい、です。
 
はたまた一定の条件を満たした雇用だった場合、企業に助成金が入るのでそれが目当てだとかいう話。
(これは手間を考えたらそんな面倒なことはしないとか、自分の会社ではそんなことはしないという反論がありました)
 
これらが本当だとしたら応募する側からすれば許せない行為です。
この仕事につきたいと考えて履歴書を用意し、ドキドキしながら面接に行き、結果が出るまで落ち着かない日々をすごす身にもなってほしいですよね。
 
私は昔、出たばかり(当日か次の日)の求人に応募しようとしたら「もう決まっています」と言われたことがあります。
どう考えても最初から雇用するつもりはないですよね。
 
これらは一昔前の話で、今年2015年4月にブラック企業対策などが含まれた青少年雇用促進法案が参議院本会議で可決されたので、多少は改善されるかもしれません。
(ただし悪質なブラック企業の新卒求人をハローワークが拒否できる制度。転職に関しても対策がほしいですね)
ハローワークの求人って安心なイメージがありますが気をつけたほうがいいですね。


ブラック求人にだまされないために

それとハローワークにブラック求人が多いというよりはブラック企業らしき求人はハローワークにもリクナビNEXTにも、タウンワークなどの無料求人雑誌にもいろんなところにいつも載っているということ。
たぶん年中、載っているのだと思います。
 
厚生労働省発表の先月(2015年5月)の有効求人倍率は1.19倍で2ヶ月連続改善していて、今は求人が比較的多い状態です。
応募する側としては、ブラック求人にだまされずに、焦らずにしっかりと見極めることが大切ではないかと思います。
貴重な時間と努力を無駄にしたくないですよね!!
 
実は私は過去にハローワークで3回就職していますが(10年以上前)、大き目の会社も中小企業もありましたけど、どこもブラックではありませんでした
たぶんほとんどの会社はきちんとされているのだと思います。
 
ハローワークに出ているのは中小企業も多いですが、意外とその中に「お宝求人」もあるそうです。
広い目を持って、しっかり見ていきたいと思います!
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る