犬の熱中症 気温が何度なら危険?【大失敗の体験談】車内は特に注意!室内の温度管理と対策

犬の熱中症は気温が何度なら危険?

夏は犬の熱中症が特に心配な時季ですね。
気温が22℃以上、湿度60%以上で熱中症になりやすいと言われています。
 
でも気温が何度であっても、一番危険なのはワンちゃんを車の中に置いていくこと
エアコンをかけない車内はたった数分で50度近くまで室温が上がり、あっという間に熱中症になる恐れがあります。
エアコンをかけたとしても、犬をゲージに入れずに放置した状態だと、犬が車内で動き回ったときに何かのはずみでエアコンのスイッチが切れてしまうことがあるので注意が必要ですね。

スポンサーリンク

 

【大失敗の体験談】車内は特に注意!

実は我が家も大失敗をしてしまったことがあります。
 
初夏くらいの時期で日差しが強くなかったので、車のトランクのゲージに犬を置いたまま用を足しにいったんです。
それが思ったより時間がかかってしまいました。
戻ってトランクを開けると、大きくハアハアと苦しがって目がうつろな犬たちの姿が…
 
急いで外に出して水をあげて、あおいで風をたくさん当てて、落ち着いてからクーラーをがんがんにかけた車内に移動させました。
なんとか回復しましたが一歩間違えば死んでいたかもしれないくらいの状況だったのです。
何てことをしたんだろうと後悔の気持ちでいっぱいでした。
そのときの犬たちの様子を思い出すと何年もたった今でも苦しくなります。
 
夏は極力、車に乗せないようにしていますが、どうしてもというときに気をつけていることです。
 
・車で連れて行くなら20度以下の涼しい日のみ
・日の当たるところに犬を乗せた車を置かない
・昼食でやむを得ず車に犬を置かなければいけないときは、いい場所に車が置けることを最優先し、途中で様子を見に行く
・夏にどうしても連れていかなければいけないときは、ゲージに入れてエアコンをかけてスペアキーで鍵をかけていく

 
あの時はまだうちの犬も今より体力もあったので、なんとか助かったと思います。
子犬や老犬だともっとダメージを受けやすいので、老犬の今はさらに気をつけてあげないといけないです。

スポンサーリンク

 

室内も注意!温度管理と対策

それと人間と同じで室内でお留守番させるときも熱中症の危険があります。
札幌でも暑い日にお留守番をさせて、帰ってきたら犬が亡くなっていた…という話を聞いたことがあります(老犬でなく若いワンちゃんだったそうです)。
 
室内での熱中症を防ぐためには、クーラーをつけてあげることが一番ですね。
ワンちゃんも冷房病が心配なのでクーラーの温度設定は28度くらいのゆるめがいいそうです。
 
クーラーをつけられない場合は
 
・常に飲めるように水を置く
・換気をして風の通りを作る
・日の当たる部屋のカーテンを閉める(外側の厚いカーテンも)
・クールマットなどで体を冷やす

 
などできる限りの対策をしてあげたいものです。
 
犬は自分で暑さ対策ができないので、つらい思いをさせないようにしてあげたいですよね。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る