小学生の夏休み 自由研究は何にする?娘と息子が低学年で実際に作ったもの

夏休みの自由研究は、親にとってもある意味課題ですよね。
テーマが決まるまで落ち着かないし、決まってからも低学年はサポートが必要です。
うちの娘と息子が実際に作ったものをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

娘が自由研究で作ったもの

【1年生夏】牛乳パックのペン立て
牛乳パックにかわいい柄の布を貼って、スパンコールのついたテープとレースを飾りつけ
 
【2年生夏】おがくずで描いた絵葉書
エコのイベントで作成。色のついたおがくずを下絵のイラストの上に木工用ボンドで貼り付ける
 
【3年生夏】シュシュ
かわいい布を筒状に手縫いして中にゴムを通す
 
(追加)
高学年になった4年生の夏は「海の箱庭」を作りました。
記事はこちら>>>
 
ちなみに冬休みは
【1年生】フェルトで作ったケーキ(100円ショップのキット)
【2年生】ダンボールと割り箸で作成した編み機でマフラー
【3年生】指編みでマフラー
すべて手芸で貫いていますね(笑)
 
私が手芸が好きで、自分が小さい頃に作っていたのでアイデアがすぐに思いつくんですよね。
もちろん作成は娘がほぼ自力でしています。
低学年のときは一つ一つの手順が難しくなく楽しんで作れるようなものがいいですよね。

スポンサーリンク

 

息子が低学年の自由研究で作ったもの

問題は男の子の自由研究が全然想像できないということです。
パパに聞いてみたら「何を作っていたかすべて忘れた」という返事が…残念。
1年生の初めての自由研究なのにどうしよう!
 
息子は幼稚園のとき空き箱の工作が大好きだったので「ロボットか車でも作ったら?」といったら、うーんという返事。
学校の自由研究として出すイメージが沸かないようです。
 
そこで、普段外で遊んでいたときによくつかまえているダンゴムシのことを、A4用紙1枚にまとめてみるように言ってみました。
絵を描いて観察して思ったことを一言書くくらいでしたが、色画用紙に貼ると自由研究ができあがりました。
 
ちなみに1年生の冬休みは、雷が好きなので、図鑑を見て同じ要領で作らせました。
息子にはしばらくこの路線を貫いてもらおうかな。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る