札幌コンテンツ特区 映画「鏡の中の笑顔たち」白石隼也さん夏菜さんお気に入りのロケ地はどこ?

スポンサーリンク

 

札幌コンテンツ特区初のロケ誘致作品が、2015年5月30日(土)全国公開されます!!
 
映画「鏡の中の笑顔たち」
監督:喜多一朗 
脚本:瀬古千裕、喜多一朗
出演:白石隼也、夏菜、中尾明慶、瀬古千裕、深田綾、松下由樹、ミッキー・カーチス、松原智恵子 ほか

コンテンツ特区とは?

平成23年12月、札幌市は国内初のコンテンツ特区に指定されました。コンテンツとは映像や音楽などの情報で、コンテンツ特区はその力を活用して観光や食をはじめとする地域の活性化を目指すものです。
 
コンテンツ特区になると、市内で撮影がスムーズに進むよう札幌市の専門スタッフが関係機関と調整をしたり、海外からのロケのために通訳も置きます。
 
また、国内外からのロケを積極的に誘致し、映画やテレビなど札幌でロケを行う作品の制作費を一部援助します。アジアを中心とした国々と共同ロケも行います。

スポンサーリンク

 

映画「鏡の中の笑顔たち」

この映画のあらすじです。
 
東京有名サロンで客とトラブルを起こした男性美容師(白石隼也さん)が札幌に帰郷。再就職先で、高齢者への訪問美容などの仕事に懸命に取り組む女性(夏菜さん)と出会った彼は周囲の人々との関わりの中で成長していくという内容です。
 
白石隼也さんといえば「仮面ライダーウィザード」の主人公を演じていましたね。うちの息子が初めてはまったのが仮面ライダーウィザードで、私もイケメンの白石さんを目当てに一緒に見ていたものでした(笑)。

白石隼也さん夏菜さん お気に入りのロケ地はどこ?

平成26年12月の真冬にロケをしたのでとても寒かったと思うのですが、おふたりは雪の幻想的な風景がとてもきれいで印象に残っているといっています。
 
白石さんは映画に出てくる藻岩山(もいわやま)からの町並みが忘れられないとか。藻岩山には市内中心部から市電とロープウエイで行くことができます。藻岩山から見る市街地の距離感が近くて、昼に登っても街並みがきれいですし、夜の夜景も光がよく見えます。
藻岩山ロープウエイ
夏菜さんがお気に入りの場所は、札幌市北3条広場(アカプラ)で、雪と赤レンガのコントラストがきれいだったそうです。
 
ここは北海道庁舎のすぐ前の広場で、平成26年7月に広場として再開発されました。札幌のメインストリートの札幌駅前通や地下歩行空間(チカホ)とつながっていて、ぶらっと街歩きするのにいい場所です。時々イベントもしています。

映画の約9割が札幌ロケということで、喜多監督は札幌の市街地をそのまま生かした映像にこだわっているそうです。私たちも札幌の街を見慣れているようで意外と知らかったりしますよね。映画になった札幌の街がどのように見えるのでしょうか。楽しみです。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る