娘が喘息の発作でパニックに!みぞおちがへこみ胸痛で夜の小児科へ駆け込む

先週の小3の娘は、鼻水を一日中かんでいるのが2-3日続いていました。週末の夕方からなんだか元気もなく。学校が始まったばかりだし、先週末のキャンプで水遊びをひたすらしていたので疲れがたまっているかもと思い、早寝させようと思いました。
 
ところが布団に入ったら突然咳き込み、「ママー!ここが引っ込んでてドキドキしてる!」。なぜか、みぞおちが引っ込んでいて、ドクドクと鼓動がするのです。娘は胸が痛いと言い、「私、ガンじゃないよね?」と泣いて軽いパニックです。

スポンサーリンク

 

看護師さんに電話相談できるところに電話をしたら、「まだ開いている小児科もあるので受診をおすすめします」と言われたので、初めての病院でしたが行きました。
 
先生は「喘息って言われたことないですか?」と。今まで風邪がかなり悪化すると夜中にゼロゼロとした咳がでることがあったのですが、今回のようにみぞおちが引っ込むのも喘息症状とのこと。(後でネットで調べたら、喘息の発作でみぞおちや鎖骨が引っ込むことがあるそうです)
 
血液の酸素飽和量もギリギリレベルの95%。それで胸が痛かったのですね。吸入をして、喘息の薬をもらって帰ってきました。薬がすぐ効いたようで、それからは時々咳と鼻水くらいで元気にすごしています。
 
喘息って年間2000人も亡くなる怖い病気なのに、娘の体調の変化に鈍感でした。気をつけてあげないといけませんねー
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る