男性だけでなく女性も悩む加齢臭 の原因は?30代・40代の働く女性はストレス臭や疲労臭に注意!

加齢臭といえばおじさんのイメージですが、女性も40代になると「あれ?私から加齢臭?」と思う瞬間がありませんか?私は去年くらいから自分が今までとは違う臭いがするような気がしていました。同年齢の友人も自分の加齢臭対策に、香りのいい柔軟剤に変えたそうです。

スポンサーリンク

 

加齢臭の原因は?

加齢臭の元になるのはノネナールという脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことにより生じる物質です。40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下するので、ノネナールも増加します。
 
加齢臭がする年代の男性は、仕事も忙しくお酒やタバコも増えて不摂生になりがち。ストレスも多く体内の活性酸素が増えて体が酸化し、ノネナールもまた増えるそうですよ。加齢臭が多く感じられるのは、頭や顔、耳の裏から背中にかけて皮脂腺が多い場所。だから「お父さんの枕はくさい」とか言われることになってしまうんですね。

女性の加齢臭も同じ仕組み?

加齢臭がする仕組みは男も女も同じです。残念ながら女性も30代・40代になると少しずつ加齢臭が出てきます。
 
でも男性が60代には皮脂量が減るのに比べて、女性は年齢を重ねて女性ホルモンが減ると代わりに皮脂量が増えてきます。皮脂量が増えるということは、ノネナールの原因も増えるということ。閉経前の30代・40代は女性の加齢臭でいうとまだスタートラインで、女性ホルモンが減る60代以降が本当に気になる世代なんですね。

スポンサーリンク

 

働く女性が気をつけたいのはストレス臭・疲労臭

30代・40代の女性が気をつけたいのはツンとするアンモニアのストレス臭・疲労臭なんです。最近特に、働く女性に増えてるそうですよ!
 
男性同様に働く女性も多い時代なので、激務やストレスからアルコールが増えて知らないうちに肝臓が疲れている女性も増えています。通常ならば、体内でたんぱく質が分解されてできるアンモニアは尿から排出されます。
 
ところが疲労が蓄積されて肝臓の働きが悪くなると汗に出てきて、ストレス臭や疲労臭になるんですね。冷房や免疫低下で汗腺の機能が弱まり、いい汗がかけないことも原因だとか。20代でもアルコールが増えたりするとストレス臭がする場合もあるそうですよ。

ストレス臭・疲労臭への対策は?

私自身もツンとするにおい、思い当たります。なんだろう?と思っていたので原因がわかってよかったです。自分のにおいまで変えてしまうなんてストレスを侮ってはいけないですねー。
 
ストレス臭・疲労臭には湯船につかって代謝を高めるがよさそうです。オルニチン(しじみ、ウコン、キハダマグロ、チーズなどに含まれる)やクエン酸(レモンなどの柑橘類、黒酢に含まれる)も効果があるそうですよ。
 
ただでさえ体の働きが変わってくる40代の女性。忙しくても時には心も体もリフレッシュして、ストレスから開放されるようにしたいですよね♪
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る