小1の子供の足にもできた魚の目とタコとの違いは?治し方は?

小1の息子が学校に行く時に「靴を履くと足が痛い~」と言うんです。
通学で20分くらい歩いているし、春に買った靴も約半年たって小さくなったのかと思ったら…
足の指に魚の目ができていました。
1年生の小さな足に魚の目ができるんですねー

スポンサーリンク

 

魚の目とタコの違いは?

靴などに圧迫されて刺激を受けた皮膚に芯ができることから魚の目ができてきます。
その芯がまた外から押されて、皮膚の内部にくさび状に入りこんできます。
芯の先端が真皮までのびてくるので、ピリピリした痛みを感じるんですね。
 
同じように靴の刺激でできやすいタコは、皮膚の中でなく、外に盛り上がります。
タコは魚の目と違って芯はありません。
角質が厚くなった状態なので、鈍感になっていて痛みはほとんど感じません。

ウオノメコロリを買ってみる

ドラックストアでウオノメコロリをを買ってきて、早速貼ってみました。
絆創膏の裏に角質をやわらかくするサリチル酸が含まれた薬剤部があります。
ウオノメコロリ

↓ 真ん中の小さな円形の部分が薬剤部
ウオノメコロリ
その薬剤部を魚の目に合わせて貼ります。
このまま2~3日つけっぱなしにするのを数回繰り返すと、薬がじわじわを角質をやわらかくして、そのうち魚の目がポロっとはがれてくるという仕組みです。

スポンサーリンク

 

ウオノメコロリのポイントは?

使い方のポイントは薬剤部が患部よりも一回り小さなものを選ぶこと
患部より大きなものを使ってしまうと、まわりの健康な肌も柔らかくしてしまい、かなり痛いです!(自分の経験済み)
 
ウオノメコロリのシリーズも、足指用、足裏用、直接液体を塗るタイプなどいろいろあるので使い分けるとよさそうですね。
それとウオノメコロリの保護用パッドだけではすぐにはがれてしまうので、上から普通のカット絆やテープで固定するのがおすすめです!
 
魚の目は嫌なものなので早めに対処してあげたいですよね。
 
ウオノメコロリ絆創膏 足指用 / ウオノメコロリ★税抜1900円以上で送料無料★【第2類医薬品】ウ…

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る