メルカリの料金設定はメルカリ内での検索だけでなく●●を使うのがいい理由

メルカリの料金設定に検索機能を使う

メルカリに出品するときに悩むのが料金設定ですが、私はまずメルカリの検索機能でキーワードを入れて検索します。
 
メルカリは現在出品中のものと一緒に実際に売れた商品もリストに出てくるので、実際に売れた商品の料金を参考にします。
 
フリマアプリ メルカリ

メルカリの料金が適正価格でない理由

ただ実際にその料金で売れたからといって、それが適正な価格だったとは限らないんです。というのも、
 
・お客さんに値切られて安い料金で売った(メルカリは値切りが多い)
・同時期に競合がいて、安いものが売れた
・出品者が相場を知らないで料金設定をした
 
などの理由で、相場より安い値段で売れてしまった可能性もあるからです。
 
メルカリは基本的に不用品を出している感覚なので、出品者は「このくらいでいいかな~」と適当に料金設定してる場合もあります。買う方にとっては、意外な掘り出し物に出会えた♪というフリマの醍醐味を味わえるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

メルカリだけでなくヤフオクも参考に

ということで、私はヤフオクの料金もチェックしてから出してます。
 
ヤフオクはメルカリと違ってオークション形式なので出品者はこの料金以上で売りたいという値段を入れて、欲しい同士が値段を上げていくスタイル。現在出品されているのは安い価格で、実際売れるときはその価格以上で売れています。
 
なので「開催中」でなく必ず「落札相場」の方でチェックしてくださいね。
 
ヤフオクと共に活躍するのが、オークファンです。これはヤフオク、楽天オークション、モバオクで実際に落札された価格がわかる優れもの。ここで調べると適正な売値が設定できます。
 
特にオークションでよく取引される芸能人ものとかは、必ずオークファンで調べてみるといいと思いますよ♪
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る