チャレンジ1年生 努力賞ポイントでプレゼント スパイグラスとスパイボイスマシーン 勉強の動機づけになる?

進研ゼミ チャレンジ、チャレンジタッチの「赤ペン先生の問題」「実力診断テスト」を提出すると、努力賞ポイントがもらえます。
※H28年度からポイントのシールは廃止され自動的に計算されるようになりました。

スポンサーリンク

 

努力賞プレゼントのスパイグラスとスパイボイスマシーンが届く

小1の息子の努力賞ポイントがたまったので、努力賞プレゼントから ”スパイグラス””スパイボイスマシーン” を2つ注文しました。
 
息子が「これ欲しい!」といったとき、面白グッズが好きな息子らしくて笑いそうになりましたが、毎月のチャレンジも赤ペン先生の答案もいち早く済ませ、がんばっている息子が貯めたポイント。
もちろん好きなものに使わせてあげます。
 
到着までの二週間の間も時々思い出しては「いつ届くの?」とワクワク。
そして昨日プレゼントが届きました!
 
スパイグラスは7メートル離れた場所からの小さな声も聞こえるというサングラス風の眼鏡です。
耳かけにイヤホンと集音器がついていて、イヤホンから聞くと音が実際より大きく聞こえます。
私も試しに聞いてみましたが、確かに少し大きく聞こえました。
チャレンジ スパイグラス
スパイボイスマシーンは、” ロボットの声 ”と” 宇宙人の声 ”に変換できるマシーンです。
スパイになるにはロボットも宇宙人も目立ちすぎな気もしますが、気づかなかったことに。
小3の娘と2人で「わ・れ・わ・れ・は・宇・宙・人・だ」などと1時間以上盛り上がっていました。
チャレンジ スパイボイスマシーン

努力賞は勉強をがんばる動機づけになる?

小3の娘もチャレンジ1年生から続けていて、期限に遅れながらも提出物は一度も欠かさず出しています。
でもポイントがたくさんあるのに今まで一度も交換していません。
娘はどちらかといえば大物を欲しがるタイプというのもありますが、私が「もう、このかわいいバッグもらえるよ」と言っても「んー」と言って悩み、しばらくしたら忘れちゃっています(笑)。
 
かたや息子はさっさと勉強も済ませ、努力賞プレゼントも目ざとく見つけ、私が応募を忘れていると「応募して!」と頼む下の子らしい要領のよさ。
今回のプレゼントがとても嬉しかったらしく「次はこれにする!」とカタログを見ていました。
息子のようなタイプには努力賞プレゼントは勉強の動機づけになりますね。

スポンサーリンク

 

チャレンジやめようかと思っていたけど

チャレンジはわかりやすくて内容も楽しいのでいいと思うのですが、ぱぱっと終わらせてしまう息子には少々問題が足りなくて、市販のドリルを追加しているんです。
塾に通うよりは安いのですが、2人分となると年間8万円くらいかかります。
チャレンジも市販のドリルも私が採点しているなら、チャレンジをやめてドリルだけにして節約しようかなと思ったり。
 
でも息子が努力賞プレゼントも楽しみにしているので続けようと思います。
それと息子はこれをつなげていくと何かが完成する(例えば、しりとりサッカー)というようなものが結構好きなんですよ。
チャレンジの仕組みが合っているのかもしれないですね。
 
※ちなみにチャレンジを退会しても、たまっているポイントで努力賞プレゼントはもらえるそうです。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る