1.チャレンジ1年生6月号 ミニひまわり植えてから1週間すぎて

チャレンジ1年生6月号の体験教材、ミニひまわりかんさつセット。息子は届いたとたん「今からひまわり植えるー」って言っていましたが、届いたのが平日の夕方だったので次の週末を待って種をまきました。

育て始めて1週間がすぎたところです。ここ3日くらいとてもあたたかいので、ぐんと育ってきました。植物の若葉っていいですね!
 
ひまわりに名前をつけることになっていますが、息子は「ひまわりくん」という、なんともベタな名前をつけてかわいがっています(笑)
 

スポンサーリンク

 

水の減り具合が見える小窓がついていて、目盛の5より少なくなったら水をあげます。今のところ、毎日チェックしてきちんと水をあげていて、意外にお世話好きなことがわかりました。
 
上の子が2年前にチャレンジのミニひまわりを育てたときは、セットの植木鉢が平べたいプラスチックでほとんど前面がふたで覆われていました。蒸れるらしく育てていく途中に緑色のカビか藻のようなものが生えてしまいました。2年経って改良されたような感じがしますね。育て終わった後もコンパクトにたためそうです。
 
今回のミニひまわりかんさつセットにはもう一つ、根の生えてきた様子が見られるジェルで育てるキットもついています。

これも同じ日にまいたのですが、芽がだいぶ大きくなって中のジェルが少なくなっていますね。カーテン越しに薄日が当たる場所に置いて、気温も高かったからか順調に育っています。もう少ししたら土に植え替えて育てます。
 
1年生は学校であさがおを育てていますが、家で育てると子供がどういう様子で植物の成長を楽しみにしているかわかるのでいいですね。
 
ミニひまわりの全記事はこちら>>
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る