子宮ポリープと子宮筋腫の違いは?

がん検診をして子宮ポリープと子宮筋腫があったことを母に話すと、「子宮ポリープと子宮筋腫って違うものなの?」と聞かれました。改めて聞かれるとその違いを説明できないので調べてみます。

スポンサーリンク

 

子宮ポリープとは?

ポリープは粘膜にできる、きのこ状の突起(イボ)のこと。原因は、ほとんどがエストロゲン(卵胞ホルモン)から起きているといわれています。
 
子宮内膜にできると「子宮内膜ポリープ」、子宮の入り口にできると「子宮頚管ポリープ」といい、子宮頚管ポリープのほうが多く発症します。不正出血がある場合もありますが、多くは自覚症状がありません。
 
ポリープは2-3mmのものが多いですが、大きくなると1cmくらいになります。放置してもガン化することはないのですが、大きくなると粘膜なので出血しやすいので、切除することが多いで す。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は良性の腫瘍(こぶ)です。原因は完全にはわかっていませんが、元々あった平滑筋が女性ホルモンが多くなる時期に過剰に増えることで起きるようです。
 
症状としては月経過多、貧血があげられます。大きくなると付近の臓器などを圧迫することから、腰痛、頻尿、尿もれ、便秘なども起きることがあります。

スポンサーリンク

 

また、子宮筋腫ができる場所によっても症状の表れ方が違います。
 
・子宮の内側(粘膜)にできた場合
→ 不正出血や不妊症が起こりやすい
 
・子宮の筋肉部分にできた場合
→ 小さいと気づかないもあるが、大きくなると流産・早産につながることもある
 
・子宮の外側にできた場合
→ 大きくなるまで気づかないことが多い
 
治療方法は、症状がなく筋腫が小さい場合は経過観察になります。症状がある場合は、筋腫が小さければ薬の治療ができ、大きい場合は手術になります。筋腫は大きいものだと赤ちゃんの頭くらいになる(!)こともあるそうですよ。症状が出る前に定期的に検査をしたほうが安心ですね。

結論!その違いは?

まとめると
子宮ポリープは粘膜にできたイボ
子宮筋腫は子宮にできたこぶ
になります。
 
この二つは「子宮にできものができた」ことは同じでも全く別の病気です。原因も症状も治療方法も違うし、どちらも自然治癒はしません。早めに病院に行って、診察をしてもらってくださいね。
 

【がん検診関連の記事】

【体験記】子宮頚部ポリープのレーザー除去手術は痛みはあった?
小林真央さんの病状がショック!乳がん・子宮がん検診では何をするの?結果はどうだった?
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る