直撃コロシアムで医師が大絶賛!快眠だけじゃないルイボスティーの効果・効能とは?

6月20日の「直撃!コロシアム」で、原宿のカリスマ店員ぺぇさんが快眠のためにルイボスティーを飲む健康法を紹介しました。
有名人の健康法に辛口医師がダメ出しするコーナーだったのですが、ルイボスティーには先生方も大絶賛。
「明日からスーパーで売り切れになるかも。早めに買ったほうがいいですよ」というコメントも!
そんなルイボスティーの秘密に迫ってみます。

スポンサーリンク

 

ルイボスティーとは?

ルイボスティーは、南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯でのみ栽培される、針葉樹のような低木の葉のお茶です。
先住民が昔から「奇跡のお茶」として不老長寿と健康のために飲んできました。
 
最近になってルイボスティーにはさまざまな効果・効能があることがわかり、大人気になっています。

ルイボスティーの効果・効能とは?

主な効果・効能はこちらになります。
 

アンチエイジング

活性酸素を分解するSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)様作用がある。活性酸素はストレスや過度な運動、油の多い食事や食品添加物などで増えていくが、ガンや動脈硬化、皮膚の老化などにつながるので減らしたいところ。美肌にも効果。出がらしをお風呂に入れるのもよい。

妊活

SOD、フラボノイド(ポリフェノールの一種)が卵子の劣化を抑える。亜鉛などのミネラルが生殖ホルモンを活性化させ、エストロゲンの増加を促し子宮をフカフカにしてくれる。

快眠・安眠

カフェインが入っていないので眠気を邪魔しない。香りがよいのでリラックス効果がある。フラボノイドがストレスを軽減させる。温かいルイボスティーを寝る前に飲むのは快眠・安眠におすすめ。

ダイエット

デトックス効果があり、腸内環境をきれいにするのでダイエットに効果。カロリーもほとんどゼロ。

スポンサーリンク

 

貧血

鉄分が含まれていて、鉄分の吸収を妨げるカフェインやタンニンがほとんど含まれていないので、効率よく鉄分を補給できる。

二日酔い

二日酔いの原因になる有害物質のアセトアルデヒドを排出してくれる。飲酒の前に飲んでおくと、二日酔いの予防になる。

加齢臭・体臭

加齢臭の原因はノネナールという物質。これは活性酸素と過酸化脂質が増えることにより発生するもの。活性酸素が少なければ加齢臭も抑えられる。

血管を再生させる

最近の研究で、ルイボスティーが毛細血管を再生させることがわかった。毛細血管は血管の99%を占めるものだが、老化と共に血液が流れない「ゴースト血管」が出てくる。
ゴースト血管は動脈硬化、ガン、心臓病、糖尿病などを引き起こす恐れがあるので避けたいところ。

ルイボスティーはどんな世代でも取り入れやすい

ルイボスティーって子供からお年寄りまで誰に対してもおすすめな、すごい飲み物だったんですね。
妊活にも効果があって、妊婦さんもOKということから体にやさしいことがわかります。
お茶だから簡単に抵抗なく生活に取り入れられますね。
 
私は最近更年期が始まり、寝る時間になってもあまり眠たくならないことがあります。
コーヒーを飲みたくてもカフェインで寝られなくなりそうなので、午後にはあまり飲まないようにしたり。
でも午後のお茶の時間とか寝る前に何か飲みたくなるので、快眠に効果があるルイボスティーはいいですね。
実は私、昔飲んでいたんですが、それはまた次の記事に書きたいと思います。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る