あむかわアミーナの針が曲がる!母が負傷!きれいに編むコツをつかめたか?

あむかわアミーナの針が曲がる!

あむかわアミーナを組み立てたあと、平編みで編むために、まず20本の編み針に毛糸をセットします。一番左の針から上下上に毛糸をかけて、右端まで行ったら折り返し、一往復したらセット完了。あとは黄色いパーツのキャリジを左右に動かすだけで平編みができます!
 
のはずだったんですが。。どうしても目が飛んでしまったり、両端にかけて編まれていない長い毛糸が出てきてしまいます。娘に代わって私も編んでみましたが本当に難しい!なんで?って言いながら何度も二人でやり直しましたが「なぜ編めないか」もわからず。
 
特に娘はなかなかコツがつかめず途中で止まってしまいます。私が「ちょっと待って。取扱い説明書を読んでからだよ」と言っても、先に進みたがりガチャガチャ動かして、とにかくせっかちなんですー。
 
しかもガサツなので、途中で止まったキャリジをその位置で無理やりはずしたところ
あむかわアミーナ
一番右の20番の編み針が曲がってしまいました。うー、今日買ったばかりなのにっ(涙)さすがに「TV見ながらテキトーにやってるからこうなるんだよ!」と怒ってしまいました。
 
この編み針は中にあるベラと呼ばれる小さな部品が出たり引っ込んだりして編まれていくんです。このように先が曲がってしまうとベラが出てこないので、その針の部分は編むことができません。部品交換できるかわからないけど、できたとしても今日買ったばかりなので悔しいし。。
 
ということで20番の編み針は最初からないものとして使わずに、1番~19番だけで編むことにしました。結果は1~19番でも編めましたし、後述のイラスト編みでも大丈夫でした。でもたまたま一番右端だったからなんとかなったけど、途中の針を飛ばしたらうまくいかないかも。
 
途中で止まったらそこで絶対にキャリジをはずさずに、一度左端まで戻ってからはずすことをおすすめします。
 
【送料無料】タカラトミー あむかわアミーナ アムカワアミ-ナ [アムカワアミ-ナ]
 

編み針で母、負傷!

私が何度も最初の毛糸かけをやり直しているうちに、編み針に指を引っかけてしまいました。痛々しいのでばんそうこうの写真だけにしておきますが、1センチくらい皮膚がさーっと切れて血が。曲がった針と負傷した指に、早くもくじけそうです。。
あむかわアミーナ
でも取説に危険ってちゃんと書いてあり、読んでいました。何度も繰り返したので変に慣れが出てきたのと、うまく編めなくてイライラしていた私が悪いんですー。
あむかわアミーナ 取扱い説明書
小さなお子さんが使うときは、この最初の毛糸かけは大人の方がお手伝いしてあげたほうがよさそうですね。

きれいに編むコツをつかめたか?

取扱い説明書によると上手に編むコツは「キャリジを本体に押し付けるようにして左右に一定のスピードで動かすこと」です。確かに、キャリジを上から下に押し付けるようにして止まらずに同じスピードで動かすと、私もうまく編めるようになってきました。
 
一方、娘が編んでいるのを観察していると、目が飛んだり編まれていない長い毛糸が出てくるのは、キャリジを途中で止めている箇所でした。やはり、上から押し付けるようにして、途中で止まらずに同じスピードで動かすことが大切な様子。
 
その感覚を娘に教えたところ、娘も編めるようになってきました。編めるようになると娘も「あむかわアミーナ、楽しいね!」と気分が乗ってきました。そしてイラスト編みを初めて編んだのがこちら。
あむかわアミーナ
おーっ、ちゃんとネコのイラストになっています!
 
が、イラストから平編みに戻るときにキャリジ切りかえつまみを間違って「イラスト編み・あみはじめ」にしたら、ボンッと全部針から取れてしまいました(涙)平編みに戻るときは、キャリジ切りかえつまみを「ひらあみ」にするだけでよかったんですね。失敗するのも勉強です。
 
そのうち子供は寝る時間になったので、娘は後ろ髪をひかれつつ寝ました。そのあと私が一人で編んだのがこちら。
あむかわアミーナ
娘が編んだのとたいして変わらない気もするけれど(汗)スタートから6時間格闘してなんとかイラスト編みができました!!
 
編めるようになってわかったのは、コツがつかめるまでは正直とっても難しいです。でもコツをつかめれば「キャリジを左右にスライドさせるだけ」という感覚になります。なかなかうまくいかない時はまずはたくさん編んでみてくださいね!
 
【送料無料】タカラトミー あむかわアミーナ アムカワアミ-ナ [アムカワアミ-ナ]
 
前回の記事
「あむかわアミーナ 小4の誕生日プレゼント 組み立ては難しい?」こちら
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る