部屋にあふれたいらないものを捨てるだけでなく売った3つの方法

ただいま片付け続行中の我が家。片付けはいらないものを捨てることから始まります。
 
もし、捨てるものの中に売れるものがあってお小遣いにできたらいいと思いませんか?私が今まで実践した不用品を売る方法はこちらです。

スポンサーリンク

 

ネットオークション 2007~2011年頃

ネットオークションで利用していたのはヤフオクです。主に子供用品で使い終わったものや、趣味で作るハンドメイド小物を売っていて合わせて100件以上のお取引がありました。
 
意外に高値がついたのは、ブランドによりますが、赤ちゃんの抱っこ紐。友人のを代行して喜ばれたこともありました。子供の洋服は上手に売っている方もいるみたいですが、私はあまり売れませんでした。
 
ネットオークションは、写真を撮って商品の詳細を入力して、PCにアップします。買ってくれた方がガッカリしないようにしたいと思っていたので、悪いところも含めてなるべく細かく記入するようにしていました。手間はかかりますが、その分トラブルはありませんでした。

フリーマーケット 2012~2014年

これも趣味のハンドメイド小物を売るときにフリーマーケットに出展し、家にある不用品も横に並べて売っています。不用品は私や子供たちの服や靴、日用雑貨など。あと本当に捨ててしまってもいいようなものも売れればラッキーなので出してみます。誰かが気に入って買ってくれることもあります。
 
フリマはお店屋さんみたいで楽しいんですがアナログの世界です。私たちのブースの前を通ったお客さんが、たまたま気に入ったものがあって、気が向いたときにだけ買ってもらえます。ヤフオクでは絶対売れないようなものが売れる面白さもありますが、値切られることも多いですし「処分できればいい」くらいの気持ちです。
 
去年まで定期的に出展していたのですが、次に紹介するフリマアプリ「メルカリ」で効率よく出品ができるので、今年は今のところ予定していません。

スポンサーリンク

 

スマホでフリマができるアプリ「メルカリ」 2014~現在

スマホでフリマができるアプリの「メルカリ」。定期的にテレビCMをしているのでご存知の方も多いと思います。私は昨年末にゲッツ!で有名なダンディ高野さんのCMを見て始めました。
 
スマホでフリマをするときに何がすごいって、”検索できること”ですよね。実際のフリマでは、目の前を通って目についたものしか買ってくれませんよね。展示が悪かったり他の商品の下にあるときは見てもらえません。フリマアプリなら商品がデータになっているので、検索して探すことができます。
 
メルカリは「オークションより簡単」「3分で出品できる」と言われていますよね。確かにヤフオクを経験している私は簡単に感じています。ヤフオク時代はデジカメで撮った写真をケーブルでつないでPCに送っていましたが、スマホのカメラで撮ったものをアップするなら手間もかかりませんね。
 
商品説明は3行くらいのコメントで出品している人もいるので、その場合は3分でアップできると思います。
 
私はヤフオクの経験からネットでも顔が見える対応をしたいと思うので、メルカリでもなるべく詳しく書いています。スマホなので細かすぎると読みづらいと思うので調整しながらです。だから3分ではとても出品できません(笑)
 
出品している人が”メルカリは若いお客さんが多くてマナーを知らないから困る”と書いているコメントをいくつか見たので、実はちょっとビビリながら始めたんです。今のところ50件くらいのお取引がありますが、どなたもいい方でしたよ。きちんと対応しようという気持ちでいれば、お客さんもそういう方が来てくれるような気がします。
 
フリマアプリ メルカリ

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る