【珍回答】七夕の読み方が…北海道の七夕は7月7日?8月7日?ローソクもらいって何するの?

小学校3年生の娘が学校のプリントを持って帰りました。「読み方を書きましょう」という質問での娘の解答です。
 

ななたば…ですか(苦笑)。花束みたいですね。
きっと最初の漢字が”七”だから、”なな”から始まっちゃったんだろうなぁ。。。娘も私に似てうっかりタイプなのか、こういう変な思い込みが多いです。

北海道の七夕はいつ?

七夕といえば7日7日のイメージですが、北海道では函館周辺の道南では7月7日、札幌周辺では8月7日になります。函館は本州の影響を早くから受けていたので7月7日と聞いたことがあります。
 
とはいえ全国的に見ても、7月は梅雨の最中で夜に星を見ることができないという理由から月遅れの8月7日にする地域もあるそうです。有名な七夕まつりの仙台も8月7日ですね。

スポンサーリンク

 

北海道の七夕祭りはどんなことをする?

七夕ですることは地域によっても違うと思います。私が子供の頃住んでいた函館では、短冊に願い事を書いて、笹につけて家の前に飾っていました。
 
そしてお楽しみの「ローソクもらい」がありました。浴衣を着て夕方に子供たちが集まって、近所のお宅を練り歩きます。「たけ~に短冊七夕祭り おおいに祝おう ローソク1本ちょうだいな!」という歌詞の歌を歌いながら玄関先に立つと、ドアを開けてくれて、お菓子や小さいローソクがもらえます。
 
もう30年以上前の話なので現在はどうなんでしょう?全く知らない子がよそのお宅を練りあるいてお菓子をいただけるなんて、のどかでいい風習ですね。
 
その後、札幌に引っ越すのですが、私が住んでいた地域ではそういう風習はありませんでした。地域によっては「ローソクもらい」があると聞いたことがあります。70代の父が子供の頃は札幌でもよくやっていたようです。
 
札幌の歌詞は「ローソク出せ出せよ、出さないとかっちゃくぞ!おまけに引っ搔くぞ!」でなんとなくハロウィン的ですね(笑)
 
今はうちの子達は、近所のお友達の家だけに行ってお菓子交換したりしています。子供時代の楽しい思い出になるものなので、残っていくといいなと思います。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る