使い捨てカットタオルの掃除におすすめは?切るのは面倒?実は便利で楽しい!

職場の掃除に使い古しのタオルを小さく切って使っています。カットしたタオルを水や除菌クリーナーで濡らしてトイレや廊下を拭いて、掃除し終わったら捨ててしまいます。
 
これが本当に便利で簡単なので、家でも真似することにしました。

スポンサーリンク

 

カットタオル掃除におすすめは?

カットタオル掃除におすすめなのは、普通の手ぬぐいみたいなタオル。厚すぎると指先の力が伝わりにくいので、細かい部分を掃除できるように少し厚手くらいがいいです。
 
普通の手ぬぐいサイズからバスタオル、ハンドタオル、ロングタオルなどありますが、どんなタオルでも二つ折りか四つ折りにして自分がちょうどいい厚さになるように切ればいいだけ。
 
こちらは、10×20cm位に切ったもの。二つ折りにすると手の平サイズで、女性に使いやすい大きさです。


 
こちらは薄手のバスタオルで、ボコボコした織りが汚れを取るのによさそうと思ったんですが、織りの目が粗くて、拭き掃除の後に繊維くずが結構出てしまいました。
 
ギザギザに切れるピンキングばさみがあれば繊維くずが少し出づらいです。厚さや大きさなども何種類か切って研究してみます♪

スポンサーリンク

 

切るのは面倒?実は楽しい!

最初はカットタオルを作っておくのが面倒じゃない?と思ったんですが、ただ切るだけなので全然面倒じゃなかったです。
 
私は今まで、掃除した後の雑巾を洗って干す作業が苦手だったんです。だって洗っても布に汚れが染みついて完全にきれいにはならないし、半乾きだと臭くなったり。。次の掃除でその雑巾を使うことを考えると、拭き掃除もしたくなくなるという悪循環だったんですよね。。
 
それに比べればタオルをカットするなんて簡単だし、使った後にポイするだけなのでノーストレス!むしろ楽しいといっていいです。捨てる前にもう一拭きしちゃおうって思いますもんねー(貧乏性)。拭き足りなければもう一枚使って、またポイすればいいし。
 
使う場所もどこでもOK。台所、トイレを始め、隅っこ、窓まわりやホコリがたまって汚い場所とかが特におすすめ。食事の食べこぼしや揚げ物の後など日常的に使ってもいいですよね。
 
使い捨てのカットタオル掃除で楽しくきれいをキープしたいです。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る